前へ
次へ

海外から一時帰国するときにレンタル携帯

海外に行くケースとして海外旅行の他海外に一定期間生活するときもあります。海外旅行においては将来的にはすぐに日本に戻ってくるので、住民票などもそのままにして賃貸物件などの契約もしたままでしょう。帰ってくればそれ以前と同じような生活を継続します。一方仕事や留学でしばらく日本に帰らないのを前提に行くときは日本での基盤をいったんリセットします。賃貸物件などを利用していたなら解約をして無駄な費用が掛からないようにしなければいけません。もし出発前に携帯電話の契約をしていたならそれも解約した方がいいでしょう。使っていなくても固定料金がかかりますし、それをそのまま海外で使うのは割に合いません。日本で解約して海外で新たに契約することで携帯料金の節約できます。海外で住むとしても一時的に日本に帰ってくることがあるでしょう。実家があるなら実家に滞在すればいいですし、ホテルなどに宿泊しながら過ごすこともできます。携帯は海外で契約しているものを使うと日本では通信料がかなりかかります。このときは日本でレンタル携帯を利用すればそれほど通話料などを気にせず利用できます。それぞれの国のレンタル携帯はそれぞれの国の通信会社で契約するので、海外ローミングサービスなどは使いません。通話するにしてもデータ通信するにしても日本で普通に契約するのと同じような料金になります。レンタル携帯に関しては契約が1日からでもでき数週間やそれ以上の利用も可能です。レンタル携帯を持っておけばいろいろな連絡に役立てられるでしょう。海外からの一時帰国でレンタル携帯を利用するのであれば返却がどこで行えるのかを知っておくと良いでしょう。日本に帰ってきたときの空港と再出発するときの空港が異なるとき、レンタル携帯を返却できるところが決まっていると返却できなくなるかもしれません。複数の空港で対応しているならギリギリまで使うことができます。一方特定の空港でしか使えずその空港から出国しないなら、出発の一日前などに宅配で返却しなければいけません。

プリペイドよりも安い価格で使えます

Page Top